忍者ブログ
アニメの話しとかをするほうのブログです。

2017

0922
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2015

0122
訳は長島要一。
示唆に富んだ本。

最高の児童書というのから、結論に疑問、展開が不快、ただただ不快とまあ色々な感想を読んだ。
俺としては。
まず何を言おうと、
この本を読んで、この本について語る自分は、もうおとなになっていて、
何がしかの折り合いをつけることを学んでしまっている。
本書の登場人物である子どもたちが悩む「意味」について、
諦念なり妥協なりを学んだ結果としての落とし所を知っている。
だから「こうすればよかったのに」とか「なにもここまでせんでも」と言えるわけだ。
だがこの本は少年少女に向けた本で、
振り返って少年少女だった頃の自分を考えると、
世界は狭く、このような選択肢を取らないと言えない危うさを孕んでいた。
若い自分には、何かを解決し埋めるような手段はなかった。お金がなかった(今も無いけどな!)(美術館が意味の山を金で買うという展開になったとき、「お金」が意味の持つ意味を限定してしまった、もとい意味の可能性を剥奪してしまった)(大人のもつ薄っぺらい意味は金銭という単純な価値がもたらす妥協に基づく)。
子供だから、どこかに逃げ出す手段もなかった。
とにかく自分のことでいっぱいで、親や他者を斟酌する余裕もなかった。若いからか、追い込まれやすかった(本書において親の存在は希薄である。ピエールが酷く暴行されて死んだ後、初めてピエールの親が出てくるが、登場人物たちはその気持を汲むことはしない。少年少女であるというのは、そういうことだと思う)(いっぽう、異様な事態になっているにもかかわらず、大人が驚くほど何にもしてないというのも、きっと少年少女にとってそうなんだろうと思う)。
「いつか折り合いを付けられるのに」「妥協するのの何が悪いんだ」と言われても、今が全てで、自分の今を抱えきれず精一杯の少年少女達には、そんな言葉は届かないに違いない。(または無意味だ)。だから今出来る範囲での選択肢を取った結果、みるみる苛烈になっていく。

本書は少年少女の本だ。
少年少女について書いてある本だ。
自分の存在価値を突き崩されればダメになっちゃうかもしれないし、
とにかく小さな刺激でボロボロになって、
小さいことがキッカケで転がり落ちていくかもしれない危うい存在についての本だ。

んで自分としては、
そーゆー存在について大人が考えなおし、
自分だって危なかったんじゃんということに立ち返るための本として読めもすると思う。
児童書だから子供に読ませて考えさせるのはそりゃそうだけど、大人だって考えなきゃならなくて、そして全力で子供を救っていかにゃあならんのだ。問題が起こる前から、常に。だってそもそもピエールが樹に登った時点で、大人が何かしなきゃいけなかっただろう?
(人生の意味について吹聴するピエールに一番に意味を説くべき人間はおそらく大人だった)
Amazonでぶっ叩いている人は、当事者だったし今も当事者だ、という自覚がねえのだ。
他人ごととして読んではいけない、周りには常に危ういものがいる。

……といったところが、前向きな落とし所。
ほんとは人生なんて無意味なのかもしれないけど、
不幸になったり辛い経験になった子は、不必要な辛さを抱えてしまって、無意味の上に可哀想になってしまって可哀想なわけだから、無意味は無意味として無意味なりに辛くないように最善を尽くそう。

っていうか、人生の意味なんかどうでもいいっつうか、
君が無事でいるのがそんだけで大事な意味なんだから追い込まれていくのは勘弁してくれ、とにかくもういいから居てくれ、という気持を登場人物たちにかけてやれよ(作中人物もだが、読み手もそう思え)、というのを、葬式の場面のピエールの父親を通して感じないでもない。単純に考えると、そこからしか救いは生じないでしょう。
そーゆー視点のレビューはなかった(と思う)。俺はそう思いますよ。
誰かが認めてやんないと若いうちはダメなんだよ、ずぶずぶ不幸になってくんだよ。

とまあ色々と渦巻くので、とにかく良書です。


蛇足なんですけど、小説を「おもしろい筋書き」とかそーいったエンタメ的姿勢のみの価値観で断じちゃうのは危険ではないか。「なにか言いたい小説なんだな」という素振りを感じたら、エンタメとは別枠で、語られていることの切実さを真剣に慮らねばならん。この本の目的は何よ?と考えていく作業。
この本は「最後どうなるんだ」という興味で読み進めることができるので、エンタメ的にも及第点だと思います(ただカタルシスに欠けてスッキリしないのは確かなのでエンタメの傑作ではない)。


PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Y.C.STUPID
性別:
男性
職業:
くそ
趣味:
作画
自己紹介:
いぇーい
最新コメント
[05/24 ブランド激安 キーケース f30]
[05/24 ブランド激安通販サイト]
[05/24 タグホイヤー 偽物]
[05/20 gzhjpr]
[12/26 カルティエ 財布 大黒屋 wiki]
最新トラックバック
カウンター
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP